医療法人社団博信会 小林小児クリニック

藤沢市辻堂の小児科 医療法人社団博信会 小林小児クリニック

〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂4-6-14 湘南桜井ビルIII 1F
TEL 0466-36-2273

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

ロタウイルスワクチンについて

ロタウイルスワクチンについて

冬季に流行する乳児嘔吐下痢症の原因となるのがロタウイルスです。
発熱、嘔吐、白色下痢などが症状で、重症例では脱水、痙攣などが出現し初回感染でより症状が強くなる傾向にあります。
これを予防するためにロタウイルスワクチンが日本でも始まりました。
2種類のワクチンがありますが、ロタウイルスの型が多く入る5価ワクチンの方が予防率は高いです。
3回接種でほぼ100%とされています。
当院では原則として、この5価ワクチンを使用しますが希望される場合は1価ワクチンも可能です。
しかしこれらは接種可能時期が限られており、5価ワクチンは生後6週から32週の間に4週間以上の間隔をあけて3回接種となります。
ワクチンは経口接種となり、嘔吐した場合も口内に残るため追加接種はありません。
2ヶ月より開始できるヒブ・肺炎球菌ワクチンの同時接種に合わせてロタウイルスワクチンを飲むのがスケジュール的に合理的かと思います。副反応としては3%くらいに下痢がみられることがあります。
もちろん単独での接種も可能ですが、次の予防接種は4週間はあけなければなりません。
現在任意接種ですので5価ワクチンは1回9,000円となります。1価ワクチンは2回接種で終了ですが、ロタウイルスの1種の型のみしか入っておらず、交差免疫として他の型をカバーするとされています。
こちらは1回14,000円です。もし不明な点は院長に一度相談されてください。
最近ロタワクチン内服後に腸重積を発症した例が報告されました。
内服した場合は1週間位粘液に伴う明らかな血液の排便にご注意ください。
またワクチン開始は生後15週未満からを推奨されています。